« ピッキーピクニック! | トップページ | 夢中!! »

2005年8月24日 (水)

みんなひとりぼっち。

ザ・コレクターズによる、日本語モッズカバーアルバム

「BIFF BANG POW」。

同じく彼らのベストアルバムと共に、ついに本日発売!

これが、素晴らしい。

彼らは来年、20周年。

にもかかわらず、この風通しの良いかっこよさ。

英語を日本語に訳しての楽曲、ということが

既に今は珍しいのでは?とさえ思えますが、

彼らが日本語でカバーする意味の大きさは、計り知れません。

多くのモッズな名曲が収録されていますが、やはり私のトップは

日本代表、THE BIKE「恋のイナキュレーション」。

『からっぽの頭 かわいた唇 ぼやけた未来 うすよごれた笑顔

大嫌いな月曜日 ぼくの夢をこわさないで

すごい速さでながれる雲 大好きな雨降り』

私の中でのモッズは、カッコいいと同じくらい切ないのです。

ピート・タウンジェントはもちろん、

おそらくモッズではないチャーリー・ブラウンや、

ユロ叔父さんや、ジャン・P・レオー演じるドワイネルやらを、

見てても感じる、どうしようもない感じ、

なんかもう、ほんとにどうしようもなくてからまってしまうあの感じが、

モッズにも感じられ、

どうしようもなく切なくなるのです。

「モッズとは、やせ我慢の美学」といったようなことを、

リーダー加藤ひさし氏もおっしゃってました。

20年以上前に作られたこの楽曲が、

今でも違和感無く聞こえるコレクターズの信念は

ホントウに、奇跡に近いのでは?とすら思うのです。


« ピッキーピクニック! | トップページ | 夢中!! »

ザ・コレクターズ」カテゴリの記事

コメント

くぅ~、まだ聴けていない私。
早く聴きたいです。

以前洗濯物を干している時に、コレクターズの「僕は恐竜」を聴いていたら涙が流れてきました。
>20年以上前に作られたこの楽曲が、
今でも違和感無く聞こえるコレクターズの信念は
ホントウに、奇跡に近い
あまりにも変わらないことって本当にすごいことですよね。涙が流れた理由もたぶん、そうゆう事なんじゃないかなと自分で思っています。改めてコレクターズの素晴らしさに、洗濯物を干しつつ涙した私。言葉では上手く説明できないけど、チコさんの言っていることと涙の理由が同じ気がしました。

投稿: あう | 2005年8月25日 (木) 00時54分

「僕は恐竜」、私も大好き!
涙が流れるのも、当然同感です。
誰にもできないですね、このモッズ魂は。
リーダーが、コレクターズ解散するときは、
「僕は恐竜」を泣きながら唄う、と発言したのを
聴いたことがあります。
そんなこと、考えたくもないのです!!

投稿: チコ | 2005年8月25日 (木) 18時33分

「コレクターズは解散しないバンド」と10周年ライブのビデオで言っていたので<「僕は恐竜」を泣きながら唄う>のは見れなさそうですね。いや、本当に解散とか休止とかしないバンドであってほしい。

まだ、セブンイレブンにcdが届きません(TT)

投稿: あう | 2005年8月25日 (木) 20時28分

そろそろ、CD届いたかな?

投稿: チコ | 2005年8月26日 (金) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105305/5616996

この記事へのトラックバック一覧です: みんなひとりぼっち。:

« ピッキーピクニック! | トップページ | 夢中!! »