« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月 2日 (月)

明けましておめでとうございます。

10 今年もヨロシク

お願いします。

初日の出に涙することは

できませんでしたが

初詣で、ほっこり、

と、してきました。あとは、テレビでお笑い三昧です。

これでもか!ってくらいのお笑い番組の攻勢に

うけてたっております。

お年始の代わりに、“MAGIC FUN FAIR”お正月限定石鹸、

のお写真です。ヒノキとヒバの香り。レッツ・イマジン。

2006_thumb

| コメント (5)

2006年1月 3日 (火)

植物な一日。

とても天気の良い1日だったので、

ハーブを植え替えたり、整理したり、

ついでに、ポプリを4つ仕込んだり、と

とても気持ちよく過ごす1日。

そして、届いた年賀状の中に、

ナイロン100℃からのものが!!

5月には、福岡での公演もあるとかで、

今年の楽しみ増加中。

| コメント (0)

2006年1月 5日 (木)

時計仕掛けのオレンジ。

先日、ケーブルで放送された

ローリーと

我らがコレクターズ・加藤ひさしのラブラブデュオよる

中央線紹介番組(?)。

(加藤さんと一緒のときのローリーは、

コドモのようです!微笑ましい!!)

この中でポストカード屋らしきお店で

二人が熱弁していた、『時計仕掛けのオレンジ』。

なんだかロックミュージシャンに人気なんだよねえ、と

仰っていたように、

好きになるミュージシャンは、

皆フェイバリットにあげていたので、

(そのまんまの格好をした“アディクツ”という英国バンドもいました!)

その昔、学生時代の私も学校サボって

意気揚々とリバイバル館へと観に行きました。

ところが、私はこの映画を好まなかったのです…。

嗚呼、私はロックミュージシャンには成れないのだなあ、と実感?

ちなみに同時上映はタルコフスキー『惑星ソラリス』。

2本で軽く5時間を越え、重たい空気と思考のまま映画館を後に、

クタクタになりながら地下鉄に乗り、家路へと向かった日を

今でも覚えています…。

ところですかんち、3月に東京大阪で一度きりの再結成とか!

しかも、途中脱退したキーボードも参加とか!!?

私は断然、キーボードが居た頃の4人組すかんちが大好きなのです!

あまり、キーボードの入ったロックバンドを好まない

私にしては珍しく、夢中でした。

ホントに元キーボーディスト、

ドクター田中が参加するのならば、見たいなあ。

聴きたいなあ、『涙の転校生』…。

| コメント (9)

2006年1月 6日 (金)

寒い!!

もう、寒くてたまらないのですが、

雪は積もらず…。

風邪をひかないように注意はしていますが、

インフルエンザの予防注射を受けた、という人が

周りに思った以上に多く、驚いています。

ムムム、注射…。

| コメント (2)

2006年1月 8日 (日)

マジック・モンキー

『時計仕掛けのオレンジ』はわからなくても

『西遊記』(マチャアキ版)は大好き!

そして、そのサントラである

ゴダイゴの『マジック・モンキー』。

これも名盤なのです。

まず最初のモンキーマジックのイントロのイントロ(?)、

ドラマのオープニングで、

岩がゴロゴロ転がっている場面の音楽、

そして悟空がウオーと出てくるところ、

そうモンキーマジックの「アチャアア~」のところ!

ここはもう、鳥肌の嵐。

このアルバムは全曲英詩で唄われていますが、

劇中では様々なアレンジでインストとして登場。

このメロディーを聴くだけで、悟空のはしゃいだ顔、

しんみりした顔、困った顔、ガンガン思い出させるのです。

ミッキー、天才!!

他にもゴダイゴの初期の作品は、ホントウに素晴らしくて

(もちろん、銀河鉄道等のポップなゴダイゴも大好きです!)

特にファーストの『新創世紀』(こちらはB面組曲!)、

『デッドエンド』は必聴です。

明日から、スマップ・カトリ君が悟空となり、

新しく『西遊記』が始まるとのこと。

ムムム、どうなるのでしょうか??

| コメント (2)

2006年1月 9日 (月)

ヘアカッツ。

ちょっと久しぶりの友人達と会うので、

礼儀かと思い(?)自分で前髪をカット。

明らかに、ヤリすぎました…。

しばらくは、これでなんとか過ごさねばなりません。

前髪カットは、常に失敗の可能性が大なのですが、

辞められないのです。

| コメント (5)

2006年1月11日 (水)

視線はあさっての方向に…。

先日テレビのドッキリ番組で見た

信号待ちを隠し撮りされた劇団ひとりの、その待ち姿。

ジャストのジャケットのポッケに手を入れ、

足をクロスし、身体をほぼ『く』の字に曲げて青待ち。

なんじゃそりゃ!!と思ったのですが、

本日、信号待ちの自分が

ほぼ変わらない状態であることを発見…。

気をつけねば!!

| コメント (2)

2006年1月12日 (木)

グリーン・グリーン♪

purezento

友人に、

誕生日プレゼントにするから

石鹸を詰め合わせてくれ、

とご注文いただき、

詰め合わせました。

この作業、大好きなのです。

写真では判りにくいですが、

フェルトに包んで、

刺繍糸で結ぶので

開けたあとは、このフェルトの色ならば、

カエルのカーミットかケロロ軍曹でも

作っていただけたら、本望です。

喜んでもらえますように…!!

| コメント (3)

2006年1月13日 (金)

面白いか、面白くないか。

テレビに出まくっている、三谷幸喜氏が語っていたのが

「基準は面白いか、面白くないか。それだけです。」。

三谷作品の映画化である、『笑いの大学』でも

稲垣吾郎演じる喜劇脚本家は、そのように語ってました。

泣けました。

何でもそうだと思います。

何事でも、このような潔さのある人に、私は惹かれますよ。

| コメント (2)

2006年1月14日 (土)

梅ヶ枝餅??

ご注文頂いていたプレゼント用石鹸セットを

今日友人にお届けに行く際、

ピタリと丁度良い袋が見つからず、

何となくフィットしたのが

なんでもないスーパーでもらうようなビニール。

しかし、こちらに入れて持って行くさまは、

大宰府帰りに梅ヶ枝餅をお土産にお持ちしているようで

笑ってしまいました。

皆様で召し上がりくださいと告げ、退散。

| コメント (2)

2006年1月15日 (日)

地元じゃ負け知らず♪

『青春アミーゴ』もいいですが、同じジャニーズ企画2人組ならば

断然トラジハイジの『ファンタスティポ』のほうに1票の私です。

だからと言って、

ドコモのCM、「しりとり、しよう」の彼と

「ラーメン行こう」(ラーメンだったかしら?)の彼が

別人であるということに、全く気が付かなかったのは

私がもう立派にオトナである証拠…(?)。

あのCMの彼は、負け知らずの彼なのか、

それともただのイマドキの若者なのか、

友人たちに確認したところ、この事実が判明。

そうだったのか…。

| コメント (4)

2006年1月16日 (月)

たまには気も滅入るもの。

朝から気の滅入る話を聞き、

雨降りも手伝ってか、珍しく(?)そのまま引きずってしまい、

本日やろうとしていたこともままならず、

ドンヨリとした1日を送ってしまいました。

ま、たまにはこんな日もあるでしょう。

こんな日に何かをしても、失敗続きのはずです!

ああ、でもウレシイメールが1件着信!

石鹸のプレゼントが、とても喜んでもらえたと!!

わざわざメールで伝えてくれて感謝!

本日最大の笑顔の瞬間でした…。

| コメント (3)

2006年1月18日 (水)

2D OR NOT 2D

タワーでタラタラとCDを見ていたら、

P-モデルの93年頃の作品2枚が1枚に収録、

1980円にて発売中!!

即買い。

P-モデル、大好きだったのですが、

ほとんどの作品は、売ったりあげたり…としてしまい

手元にはレコードしか残っていないのです。

しかしたまに、とても聞きたくなる衝動に駆られるときがあり

こんなものがあったのか!!と衝動買い。

しかし、これ以降の彼らの作品は

私には理解不可能な方向へと進んでしまいました…。

| コメント (2)

2006年1月19日 (木)

徒歩ってステキ。

昨日、歩いて出勤中に

以前勤めていた洋服屋の時の

顧客の方のダンナサマにバッタリ!

もう1年ちょっと経つのに、

(しかも、いつも店の外で待ってあったのに)

よく覚えていてくれたなあ、と驚きました!

有難いことです!!

しかし、ホントに歩くといろんな人に会うわけで、

以前も書いたと思うのですが、いろんな人が

自転車で私を通り過ぎては、くるっと後ろを向いて笑顔。

こんな毎日が続いております。

| コメント (5)

2006年1月21日 (土)

ペン回し。

昨晩のタモリ倶楽部は、ペン回し講座。

授業中に、クルックルとシャーペンを回していた、

アレです!

しかも、130Rのミスター・板尾におぎやはぎという

私のためのような、ナイスキャスティング。

イメージ通り、クルックルまわす矢作がグー!!

そして、イメージ通りに

基本すらままならないミスター・板尾もグー!!

タモさんは、ホントに器用で基本はマスターしていました。

ステキ。

実は私も、あのペン回しが出来ないので、

一緒にテレビの前で講座を受けてみました。

が、クリアならず…。

しかしながら、昨晩、出演者が皆、半そで着用で

クルクルやっているのを、

こたつに入ってクルクル挑戦する私。

一体、東京と福岡の間、

タモリ倶楽部にどれだけの時差が、生まれているのでしょう??

| コメント (4)

2006年1月23日 (月)

電車でgo!

昨日BSを見ていたら、

中川家の電車好きな弟・礼二が、

全国の「中川駅」を電車で巡っていました。

時刻表を片手に、電車での旅。

あ~、行きたい!!

私も以前、ザ・コレクターズを見に

ジェット飛ばして上京した際に、

ポッカリとあいた一人の時間を、

駅で駅名見て、「寺」と付く駅の近くにはホントに

お寺ってあるのかなあ、とハタと思い、

いくつかの「寺」付きの駅に降りてみる、という

奇行(?)を思いつき、やったことがあります…。

もう駅名も覚えてないですが、

意外と、ホントにお寺はありました!

ありますよね??

| コメント (5)

2006年1月24日 (火)

コケ過ぎ。

先日、ちょとした段差を踏み外して、こけてしまい

大きな青アザを作ってしまい、

やっと治る気配が見え始めた昨日、

今度は、段差を登り損ねて前にこけてしまい、

青アザ増加中…。

トホホノホ。

| コメント (2)

2006年1月26日 (木)

有頂天のケラ。

三谷幸喜最新作、『THE有頂天ホテル』の

CMなどを観るたびに、いちいちケラ氏を思い出し、

昨日、久しぶりに有頂天の音源も聴きました。

“宇宙の下 踊り続ける僕らはなんなだろう?

    まあいいか、ソンナコト”

ギルバート・オサリバンのカバーである、

『アローアゲイン』の大好きな一節でありますが、

ケラ氏は一貫して、この感覚を持続しているように思えます。

哀しいときに、笑ってしまう感覚が、余計に沁みるのです。

このケラの、哀しさと笑いのバランス感覚が大好き!

ナイロン100℃作品『消失』は、その最たるものでした。

DVDも出ており、

機会があれば、ぜひ鑑賞していただきたい作品なのです。

| コメント (2)

2006年1月27日 (金)

古切手。

mohea ドイツの古切手で作られた、

ブローチを購入。

これが、とてもかわいいのです!!

RAINBOW☆GLASSさんによる

手づくり作品で、ホントにステキ。

私は巻物が好きで、ぐるんぐるん巻いて

鞭打ちのようになって歩いているのですが、

そんなときに、ブローチは大活躍なのです。

doitu チェコの古切手も迷ったのですが、

今回はテクノの国、ドイツでキメました。

ウレシイ!!大満足です。

| コメント (5)

2006年1月29日 (日)

あさんぽ。

昨晩、PCを開いているときに

急に気分が悪くなり、すぐに閉じて

そのまま21時前には寝てしまい、

次長課長を、何日連続テレビで見ることができるのか?

という独自の調査(?)が、あえなく終了…。

一晩寝たら、気分爽快で

本日も早起きして、散歩がてらにayumiさんの

新しいお店に置いてもらう石鹸を、

Ayumiさん出勤前にお届け。

ちょうど10日くらい前にも同じ時間にお届けしたのですが、

そのときは、まだ7時ころは薄暗く、明けて行くのを感じながらの

散歩だったのですが、本日は、最初から明るく、

季節は変わりつつあるのかなあ、と実感。

朝の空気と静けさは、何ともいえず気持ちよく、

爽快な気分にしてくれます!

ホ~ントにキモチイイです。

朝マックをキメて、帰宅。(おそらくこれで、

健康感全てがチャラ…。チャラどころか、

むしろカロリー面プラスじゃないかいうご指摘も…)

帰宅後、テレビをつけたら、早速、次長課長発見。

調査再開!!

| コメント (2)

2006年1月30日 (月)

暖かいなあ。

本日は、久しぶりなほっこりとした一日で、

春でもきたのか、と思わせるほどでした。

実際、少しずつやってきてはいるのでしょうが、

あと一波、二波は寒い日がやってくるはず…。

ところが、こんなに暖かいと調子に乗って

厚手をしまって、少しずつ春物でも出しちゃおうか、

なんて思ってしまいましたが、止めました…。

明日もこんな天気なのかな…??

洗濯の乾きは、悪かったけども…。

| コメント (0)

2006年1月31日 (火)

グッドバイ・パイク!

ビデオ・アーティストのナムジュン・パイク氏が

お亡くなりになったそうです。

トンガリ学生を気取っていた頃、

わけもわからずに、わかったような顔をして観ていました。

ヒカシューの楽曲である『パイク』も、

彼の影響で作ったとかきいたことがあるような、ないような…。

こうやって、ヒカシューの記憶すら薄れていき、

ナムジュン・パイク氏も亡くなってしまいました。

毎日を大切にせねばね。

| コメント (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »