« 笑って笑って大笑い。 | トップページ | 社歌。 »

2006年2月11日 (土)

スパシーバ!!

ムービング・ギャラリー「望雲」にて

ロシアアニメ『ユーリー・ノルシュテイン作品集』を鑑賞。

5作品の短編集でした。

ロシア独特の、あのモノ哀しい音楽と雰囲気。

小首を傾げてニンジン食べながら、

狐に家を取られたと泣くウサギも、

ハチミツを必死に抱えて、河に落ちて流されるハリネズミも、

決して、カワイ~!!では無いのですが、とにかく愛らしい!

チェブラーシカを観て、お前って奴ァー!!愛らしいよ!!

(劇場に3度足を運び、泣きました。無論、DVDも所有。)

のアノ感覚です。

しかし、ピカイチは、

子守唄に誘われて、悲惨な記憶や楽しい記憶を

さまよう狼の話。

これは、時代背景が判っていれば、

もっともっと深く感じ取れるのだろうなあ…。

声高に叫ばずにも、心に響く映像でした。

スパシーバ!

紹介してくれたことに、感謝します!!


« 笑って笑って大笑い。 | トップページ | 社歌。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

>>子守唄に誘われて、悲惨な記憶や楽しい記憶をさまよう狼の話。

「話の話」ですね。私の生涯の1本です!
ユーリー監督の戦争の記憶がモチーフになっているようですが,普遍的な美しさと心を打つ何かが感じられる映画ですね。不思議な夢のような静謐な詩のような映像に,繰り返し見入ってしまいます。
「霧の中のハリネズミ」も大好きな作品です。

私の家の廊下には,ユーリー監督のリトグラフが飾ってあるのですヨ(^_^)

投稿: ruko | 2006年2月11日 (土) 23時15分

そうです!「話の話」。
タイトルもいいデスヨネエ…。
もう一回観たいので、近々カフェでも上映会があると聴き
どうにか行けないかと思案中です。

狼もハリネズミもチェブも、懸命ですよね。
真っ直ぐで懸命。
泣けてきますね。

リトグラフが飾ってあるなんて、羨ましいです~!!
ステキ。

投稿: チコ | 2006年2月12日 (日) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笑って笑って大笑い。 | トップページ | 社歌。 »