« くるりと民生と矢野顕子。 | トップページ | 『ナゴム・ポップス・コレクション』 »

2006年3月24日 (金)

丁寧。

昨日、小林賢太郎 ソロライブ2006

ポツネン『○ maru』鑑賞。

とにかく彼は丁寧!

ラーメンズ然り、

彼のメトロノームのような一定のリズムの保ち方が

私は大好きです!

丁寧にリズムを保ち、機械的にすら感じる時間に

(特にラーメンズ以外のときは)若干のロマンチック感を加えて、

進んでいく舞台が大好き!

今回、最後の一遍が終わったとき、

不覚にも涙がこぼれていました。

きっとこういうのが鼻につく、という人も

割りと多くいるのだろうけど、

素直に、美しかったです。

笑えて美しかったです。素晴らしいな。


« くるりと民生と矢野顕子。 | トップページ | 『ナゴム・ポップス・コレクション』 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

お会いできずに残念!
でも楽しかった。素晴らしかった。
今流行の騒々しさや勢いだけのお笑いも好きだったりしますが、丁寧な作りこみのされた知的なこんな舞台もいいなと思いました。

投稿: たかこ | 2006年3月25日 (土) 10時07分

ホント残念!
そうなんですよね、作りこまれた舞台の中って
わたしは大好きなんですよ~。
いろんな笑いがありますね!

投稿: チコ | 2006年3月25日 (土) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くるりと民生と矢野顕子。 | トップページ | 『ナゴム・ポップス・コレクション』 »