« i-pod… | トップページ | ナイスガイの条件。 »

2006年5月10日 (水)

ねぇ、無理はこんなツライ♪

Subliminal 先日のシティボーズ公演で、

最後のカーテンコールでも

大きな笑顔も見せずに、

姿勢を正して去っていった、

いとうせいこう氏。

私の中で、最初のステキなメガネ男子であろう、せいこうさんが

遠い(かな?)昔に、藤原ヒロシさんと組んだユニット、「サブリミナルカーム」。

おそらく、このミニアルバム1枚のみのリリースだと思うのですが、

このアルバムも私の大好きな1枚。

夏の旅行、昼寝、ボンヤリ…等にヒジョーにオススメ。

せいこうさん、小説を初めて出版した際も、ナンヤカンヤ言われ、

ラップをやったときも、ナンヤカンヤ言われ、

そして、このアルバムもナンヤカンヤ言われてるのを読んだことがありますが、

せいこうさんは、ビクともしません。冷静沈着。笑顔最小限。姿勢良し。

こちらは、同じく藤原ヒロシさん、高木完さんとのユニット                       Tinypunks

いとうせいこうとタイニーパンクス。

この中の言葉も、大好き。

特に「東京ブロンクス」。

“人と同じことはやらないけど

死ぬときゃ一緒がいい”

この自分勝手な感じ、大好き。

ちなみに、大竹まことさんの『俺の背中に火をつけろ』も収録。

演奏は有頂天。

嗚呼、ニューウェーブ。


« i-pod… | トップページ | ナイスガイの条件。 »

名盤アワー」カテゴリの記事

コメント

これどっちも、玄さん参加CDとして持ってます(^_^)

投稿: mae | 2006年5月10日 (水) 21時12分

凄いな~。
『玄さん参加CDとして』というのが、物々しい参考物品みたいだけど…(笑)。
せいこうさんの歌声にも、
たまにはお耳を、どうかひとつ(笑)!

投稿: チコ | 2006年5月11日 (木) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« i-pod… | トップページ | ナイスガイの条件。 »