« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月 1日 (土)

ロック教室、入学希望。

Rock ザ・コレクターズ、

20周年記念アルバム、

その名も、

『ロック教室』が、

今月リリースされますが、

一足早く、ジャケットが!

『ロック教室』なんて

『暴力教室』みたいで

なんともロックなタイトルに、このなんとなく60年代を思わすジャケット。

かっこいいなぁ。

しかも、マーシー(ex.ブルーハーツ、ハイロウズ)が普通に映ってて、

コレクターズを知らない人にしてみれば、マーシーの新バンド?

あ、コレクターズって5人組?? …なんてこともあるのでは?

20周年にこの余裕。見習うべきでしょ?!

コレクターズに教わったことは、ロックバンドのかっこよさだけでなく、

やはり、自分の信念を貫く勇気とパワー。

それも洒落っ気たっぷりに、余裕で。

実は余裕が無くても、余裕に見せるヤセ我慢の美学。

粋で洒落てて、信念を持ちながらも好奇心溢れるオーバー40。

私もこんなオーバー40になりたい!

7月26日リリース、震えて寝て待つのみです。

| コメント (13)

2006年7月 2日 (日)

こちら、40周年。

ザ・コレクターズは結成20周年、

ザ・ビートルズは、来日から40周年、とのことで

このごろよくテレビで特集を見かけます。

昨日もBSで、以前に放送されていた、各メンバーのソロを特集。

ポールのソロなんかのPVも、懐かしいことしきり。

私は、決してビートルズマニアでは無いのですが、

映画を観てて(特に英国映画)、

会話に普通に“ビートルズ”って出てくるのが、ホントに素晴らしいな、と

いつも思うのです。

一番印象的だったのが、『ブラス』。

クリスマスにピエロのバイトをする、炭鉱の廃部寸前のブラス部員(無論大人)が

子供相手に神様のお話をしながら、急に

「神様がなんだってんだ。ジョンを連れて行き、でもサッチャーは生かせている!」

といった感じで泣き喚きだしたシーン。

もう切ないやら何やらのキモチと、あぁでも私はノンポリの日本人だ…、とか

いろんな思いで、眼を閉じてしまいました。深呼吸。

しかしながら、

私は4人の中では、断然ポールとジョージ。

もちろん、ルックスはジョージ!!

あぁ、ノンポリ日本人。

| コメント (2)

2006年7月 3日 (月)

アントワーヌ・ドワネルの冒険。

Otonaha_wakatte 東京は池袋にて、

世界一大好きな俳優、

ジャン・ピエール・レオーの

アントワーヌシリーズが

まとめてオールナイト上映される、

と、某ミクシィで発見。

アントワーヌが12歳の頃の

「大人は判ってくれない」から、

いいオトナになった「逃げ去る恋」までの5本、

まとめてドドンと、オールナイト。

題して『アントワーヌ・ドワネルの冒険』。

もう10年近く前だったか、福岡でもこの冒険の特集がありました。

(そのときのパンフには、コレクターズ・加藤ひさし氏の寄稿有り!)

その後99年くらいに、ジャックタチの映画とともに、

「日本最終上映!!」とのことで、福岡でも上映特集されたのですが、

どうやら、版権(?)無事復活なんですね。

ジャックタチも、何年か前に既にスクリーン復帰しました。

最終上映…、上手いこと言ったなぁ。

また、スクリーンで彼に会いたいです。

| コメント (4)

2006年7月 5日 (水)

なんてこったい。

朝から物騒なニュースで起床。

ナイーブを気取るわけではありませんが、

この手のニュースで、非常に気が滅入る私は、

(滅入らない人もいないでしょうが…)

ドンヨリとした一日のスタート。

どんよりしたまま過ごしながらも、

石鹸を包む折り紙を買いに、文房具屋へ立ち寄り、

更に、

下北ナントカという新しいドラマのCMで見かけた、

ケラらしき人物は、果たしてケラなのかを、

コンビニのテレビ雑誌でチャカリチェック。

ピースで行こうぜ!!

(ちなみに、それはケラではなく藤井フミヤ氏。

ところが、ケラもこのドラマに出演の様子。)

| コメント (4)

2006年7月 7日 (金)

集中!

昨日、同じ姿勢のまま、

石鹸を折り紙で包み、

MAGIC FUN FAIR」とアルファベットのはんこで

一文字一文字、作り上げる作業を黙々と。

楽しくてたまらないのですが、

サスガに腰がいたくなり、泣く泣く途中で一旦停止。

明日、再開!最終仕上げです。

さらに、来週はこれを持って、『wisteria』までバスハイク!

楽しみです。

それにしても、折り紙のよく折れること!

まぁ、綺麗にシャキっと折れてくれます。

そういえば、

小学校低学年のときに、とても綺麗な千代紙のような柄の折り紙を

買ってもらい、よろこんで家で開けてみると

綺麗な柄は、一番上の一枚だけで他は全て

何故か、バカボン柄(登場人物総登場)の折り紙だったことがあります。

これは今だと、かなり嬉しいのですが、

当時は物凄くショックで残酷(?)で、

その衝撃的瞬間は未だにハッキリと覚えています…。

何故にバカボン…、不思議だが本当なのだ。

| コメント (6)

2006年7月 8日 (土)

いい香りだ。

0708 写真を載せても

いつも同じようなもので、

なかなか香りが伝わらないので

登場していなかったのですが、

久々の登場、ポプリです。

バラやマジョラムに、クラリセージとネロリの精油で

熟成させました。

これが、非常にいい香り!

クラリセージとネロリ、とても優しい香りでホッとします。

ネロリは高価で、なかなか手がでないのですが、

ジャスミン同様、ホントにいい香り。

花精油は高価ですが、高価な香りでなく、優しい香りですね。

石鹸も出来上がりました。

Origami 一部、チラ見せ。

ウィステリアまでのバスハイクは、

晴天であることを

祈ります!

| コメント (4)

2006年7月 9日 (日)

大丈夫か??

本日深夜、BS2にて、

ナイロン100℃舞台『消失』放送予定。

気合を入れて録画しようと、DVDを購入してきたものの

DVDに録画するなんて洒落たことしたことないのですが、

大丈夫なのか、私!?

深夜12時55分よりオンエアです。

サッカー決勝が始まるまで、よければ、皆様もご鑑賞を。

| コメント (0)

大丈夫か??

本日深夜、BS2にて、

ナイロン100℃舞台『消失』放送予定。

気合を入れて録画しようと、DVDを購入してきたものの

DVDに録画するなんて洒落たことしたことないのですが、

大丈夫なのか、私!?

深夜12時55分よりオンエアです。

サッカー決勝が始まるまで、よければ、皆様もご鑑賞を。

| コメント (1)

2006年7月11日 (火)

てんこもり。

昨日は、朝方4時過ぎまで

ナイロンの舞台録画放送を夢中で観て号泣。

その後、サッカーの結果を待つことなく、ちょっと睡眠。

バスにのって、ウィステリアへ!

なんとか出かけるときには雨も止み、

2時間弱のバスハイク。

楽しかったです!!また、行こ。

ココログ君、オムヅガリの為

ウィステリア情報は、後日magic fun fairにアップ予定。

ココログ君は今日の午後から、

大規模なメンテナンスに入るようです。

ムムム。回復願う!

| コメント (0)

2006年7月13日 (木)

『消失』

ナイロン100℃舞台作品『消失』。

昨年、ぬけぬけと北九州に2日続けて鑑賞に行きましたが、

今回BS放送無事に録画し、またまた鑑賞。

詳細不明な戦争後の近未来、仲良く暮らす30代後半の兄弟。

弟は幼少の頃に死んでおり、闇の医者によりロボットとして再生。

弟はそのことは知らずに記憶を兄に細工されながら、

自身がロボットとも知らずに楽しく暮らしている。

という、ケラ氏らしいお話。

弟を演じた、みのすけ氏曰く、

「悪人が一人も登場しないのに、グダグダになっていく」、お話。

いつの間にか出口無しの袋小路、グダグダのグダグダに。

テーマソングは「ハッピー・トゥゲザー」。

=========================

結婚すると決めた弟を、心から祝福しながらも、

ロボットメンテの際には

その恋愛の全ての記憶を消してしまう兄にも、

兄の細工に気付きながらも、記憶消去後何も覚えていない弟に

必死で心を通わせようとする女性にも、

自分が事故で死んだことを思い出し、

両親が不仲なのに、自分が死んだら兄が一人になってしまうことを

悔やみ、詫びながら死んだことを兄に告げる弟にも、

息子をもロボットとして再生していた闇の医者が

その息子との電話中、再度の爆撃で通話不可能になり、

メンテ中の弟をほったらかしにし、息子の好きだった

おもちゃを探し回る姿にも、

何ともいえない気持ちで、胸いっぱい。

全てのものが、いつかは消えていき、

全てのものを、いつかは失っていく。

楽しかった瞬間もいくつもあるのに。ムムム、あるからこそ、

「ハッピー・トゥゲザー」が沁みてくるなぁ。

ところでこのお芝居、シリアスでありながら

ケラらしく笑える場面もかなりあるのです。

さすが、ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏!

ぽっちゃりしてても、許す!!

| コメント (2)

2006年7月14日 (金)

カレーとラッシー。

昨日の晩御飯は、

ナスのドライカレーとラッシー(もどき)。

美味!自画自賛、上等!!

ところが、牛乳とヨーグルトとハチミツで

作ったラッシー(もどき)が、非常に美味だったにもかかわらず、

30分もしないうちに、激しくお腹を壊す結果に。

朝までゆっくり寝ることも出来ず、

今日は少々、グッタリです。

美味しかったんだけどぁ。

==========

ココログがご機嫌なおしてくれたので、

hand made soap “magic fun fair”に

ウィステリア情報、新作情報、アップしています。

ご興味のある方はコチラ

| コメント (6)

2006年7月15日 (土)

yonda?

この時期、書店で必ず見かける

『夏の100冊』的な文庫本カタログ。

これをもらって帰って熟読するのが、私は非常に好き。

最近は、コレを読んで読書したつもりになっています。

いけませんな。

このカタログでも、ダントツにかわいいのが、

新潮文庫のパンダちゃん。

没頭して読書する姿の愛らしいこと!

そんなこんなで、涼みがてら書店をウロウロしていたら、

大好きなグルーチョが表紙を飾る分厚い本を発見。

「煙に巻かれる」だったか、そのようなタイトルのその本は、

とても興味をそそられる内容だったのですが、

(タバコにまつわる様々な話。付随してグルーチョも登場。)

お値段3800円也。

我慢。

| コメント (9)

2006年7月17日 (月)

夢見るぞ!?

福岡ジューク・ジョイントにて、福岡史朗/レムスイム、ライブ。

福岡さんイン福岡。

rukoさんに教えてもらった、

福岡史朗さんのアルバム『サンタイガー』に

一気にやられていたところ、願ってもない福岡ライブ!

(どっちがどっちの福岡やら…)

とても小さなジュークジョイントで、

とても近くで生演奏を聴くことができました。

福岡さんは声も楽器のようで、独特。

ホントにステキな音楽で、いろんな人に紹介したくなる音!

いいなぁ。

ライブ中も、「あぁ、あの子も好きだろなぁ…、次回は誘おうかな。」

とか思ってみたり。

楽しいライブで、大満足!

『サンタイガー』は、きっとこれからも何年も何十年も聴いていくアルバム。

大好き。

一緒にまわっていた、レムスイムも初めて聴いたのですが、

ムムム、ギターやベース、弾いて見たい…

(そういえば、人のベースが家にある!)、と思わせる、

東京的(?)なバンド。

実は私は、女の子の詩が苦手で、そこはちょっとネックだったのですが、

あぁ、これも聞かせたいなぁ、あの人この人…、なんて思いながら。

(余談ですが、このフロントの女性、

失礼ながら非常に私と同じ系統の顔ではないのか?と感じ、

自意識過剰ながらも、余計に詩がリアルに恥ずかしく…。)

教えてくれたrukoさんに、感謝!

そう、この日ステキな金魚の日傘で登場、

rukoさんとも久々にご飯が食べれて、

楽しい一日だったなぁ。

| コメント (3)

2006年7月18日 (火)

ピンポンではアクマ。

朝、はなまるに大倉孝二、夜、ナイナイサイズに大倉孝二、

BSで見た、ナイロンの『消失』で、弟を溺愛する兄役に大倉孝二。

友人に録画してもらった、舞台『カラフルメリィでオハヨ』で、

主人公のお父さん役に大倉孝二。

西鉄ホールから届いた冊子に、大倉孝二のインタビュー。

先週から、大倉孝二氏に溢れる日々です。

ナイロンの看板役者でもあり、私も大好きな役者!

ケラが、彼が出演した他劇団の舞台を必ず見に行き、

そして彼にダメ出しをする、というエピソードも大好き!

来月は、舞台『開放弦』鑑賞予定。

もちろん、大倉孝二出演!

ケラはまた、ダメ出しをするのであろうか??!

| コメント (4)

2006年7月19日 (水)

新しい、朝の顔。

ここ何日かの朝の定番が、

ヨーグルトとはちみつと牛乳とバナナをシェイクした

バナナラッシー(もどき)。

朝から暑いし何も食べたくないのですが、これはイイ!

lieさんに教えてもらった、

ヨーグルトの水抜き(?)にジャムも、早く挑戦せねば。

ジャムに迷って、なかなか実行できず。

美味しいジャム情報、求む!

| コメント (4)

2006年7月20日 (木)

調子悪くて当たりまえ。

なんて、近田春夫氏も言ってましたが、

最近暑いからか、雨続きだからか、

何かしらダルイ日が続いています。

雨が続くと、滅入りますね。

早く、夏を通りすぎて秋になってほしいものです。

今晩はベトナム料理を食べに行きます!

結局、元気じゃないか??!

| コメント (6)

2006年7月21日 (金)

意外とね。

意外と、チュートリアル・徳井氏は、

10年も経てば、130R・板尾氏のように

イイ味出したイイ男になったりするのだろうか…??

なんて思いながら、コンビニで買った、

コイケヤ・スコーン、

“ロバートプロデュース・めんたい味”を食す。

ムムム、これはビミョウ…。

| コメント (0)

2006年7月22日 (土)

本末転倒?

07221 ずっと気になっていた、

自然療法の『ホメオパシィ』。

原材料から抽出された液を

水とアルコールで

幾度も希釈し、ごく微量なまでになったものを

砂糖粒にしみこませた、小さな粒。

症状と同じ成分を、ごく微量摂取することで、

症状を軽くする、というもの。

気になっていながらも、どうしていいのか判らなかったのですが、

ニールズヤードで軽く講習を受けて、レメディセットを購入。

そのレメディ(粒)を選んだらいいか、少々悩みメンドウなものの、

なかなか面白いのです。

英国では、ホメオパシィの病院もあり、

普通にドラッグストアにも並んでいるらしく、

英国の血を引く私(ウソ)にしたら、試さずにはいられません。

07222 このように、

英国王室御用達のメーカーのものを、

ちゃっかり購入。

エヘッ。

頭痛がひどいときに試したら、

あら不思議、治まりましたよ!

他にも風邪ひいたり、転んだり、といろんな症状で様々なレメディがあり、

試しにちょっと風邪ひいてみないかなぁ、と思ってみたり…。

ホメオパシィ、これから勉強したいことのひとつなのです。

| コメント (3)

2006年7月23日 (日)

地平に果てはあるのか、ブライアン。

『ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男』

もうすぐ公開です。

学生の頃、何かの雑誌で、

「私が学校でボンヤリ過ごしていたその時間に、

ブライアンジョーンズは死んでいた。

彼が死んだときに、私は何も知らずに、ぼんやりと過ごしていた。

それが何とも哀しく、空しかった」

みたいな記事を読み、

自分のフェイバリットのミュージシャンが他界するなんて、

全くピンと来なかったその頃、

いつかは私も、そんな思いをするのかなぁ…と、

同じようにボンヤリと、且つ哀しくなったことを

よく覚えています。

地平に果てはないんだろ、ブライアン? 無いんだよ、ブライアン。

ミッシェルも言ってたさ。

さてさて、映画は面白いかなぁ。

役者の演じる実在のバンドマンの映画は、

なかなか難しいのか、

ビートルズ然り、ドアーズ然り、

ムムムな映画が多い気がします。

この映画のイメージアルバムが日本でも発売されるらしく、

こちらは、我らがザ・コレクターズも参加とのこと。

そうか…。

| コメント (3)

2006年7月24日 (月)

今年のパウダー。

Powder 昨年に続き、

今年もパウダーを。

昨年は、

カオリンとコーンスターチで

香りもちょっと独特に作りましたが、

今年はコーンスターチと重曹で。

香りもペパーミントとティトリーで夏らしくスッキリと!

最近は雨ばかりで、なかなか出番も無いですが、

暑い夏はこれから。出番待ち!

| コメント (3)

2006年7月26日 (水)

『人生の夏期講習』、受講中。

Rock4 人生の夏期講習、とは

加藤リーダー、泣かせるね。

ザ・コレクターズ20周年記念アルバム

『ロック教室』、本日発売。

早速、購入・受講中。

できることなら、

この制服を着て受講したいものですが、

渋々グリーンのカットソーで受講中。

様々なアーティストが、コレクターズに曲を提供する逆トリビュート。

早々、曽我部さん作「ぼくは花」にヤラレています。

追加講義希望。

奥田民生さんの「悪い月」もさすが!

コレクターズでありながらも、やっぱり各々の個性があり

これは、かなり面白い!

まずはでも、おしゃべりも先生に見つからないうちにこの辺りで。

おとなしくアイゴンやピロウズ、そして

校長、顧問である、コレクターズの授業を待ちます。

この夏期講習を受けて、秋はどれだけ楽しいことが

待っているのでしょう!!

あ、アイゴンの授業が始まりました!

カッチョイイ!

でもアイゴン先生、スリムになったのに、その写真では…!!?

| コメント (5)

2006年7月27日 (木)

暑いです

やっと、梅雨が明けたと思ったら、

早速の暑さ。

どれだけ水浴びすればいいの??

ってくらいの暑さです。

家に居るときは、バカ殿のように髪をまとめて

なんとか過ごしていますが、こめかみが痛くなるので

長時間は厳しいのです。

ムムム、ショートの誘惑に駆られます…。

| コメント (4)

2006年7月29日 (土)

チラリズム。

予想はしていたものの、

それを遥かに上回るほどに興味の持てない、

下北沢のドラマ。

初回だけチラリと出演しているのかと思いきや、

毎回、どっかしらにチラリと出演しているという

ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏(下北の神様。プププ)。

初回のケラのシーンだけしか見ていないのですが、

前回は、みのすけ氏も出演だったとか。

見続けたら面白いのかしら…??

初回は、三宅弘城氏も見かけたりと、チラリズム全開。

そういえば、彼は映画の予告編ばかりやってるCHで

なにかの映画の予告編に、大々的に出演。

こちらはチラリズムでは無いのかしら??

他にも、なんともグロテスク的な映画の予告編には、

手塚とおる氏の姿。

これは無理。見れません。

と、『ロック教室』聞きながら石鹸作り、

ぼんやり考える、バカ殿な休日。

| コメント (0)

2006年7月31日 (月)

あたい、地団駄だよ?

Kotawata 去る29日に、

池袋のバー(?)にて綿内克幸氏の

限定ライブが。

某ミクシィでも、大変盛り上がっておるのを

ぼんやりと眺めることしか

できなかったのですが、なんとこのライブに

『ロック教室』顧問、ザ・コレクターズのギタリストであるとともに、

ブクロ・パトロール隊長である古市コータロー氏がゲストに!!

いいなぁ。

羨ましさの余りに、写真転用(?)。

エビバデ、綿内コミュにレッツラゴ。ステキなライブだったようです!!

互いに、自らのTシャツに身を包むところが、何ともまたステキじゃないか。

セットリスト参考に、私は一人で楽しむことにします。

ナルホドこんなとき、iPodってベンリだなぁ!!

  ★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

追加情報:コチラでも綿内さんライブ詳細、見れますよ!

レッッツラゴ!

| コメント (4)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »