« 晴耕雨読。 | トップページ | メシ喰うな、コレクターズがポップジャムに! »

2006年11月18日 (土)

きもちいいのがさいあいあい!

結局、映画のパンフなんかを観ながら

Rosaピーカーを見つめながら音楽を聴くぼんやりとした1日。

なかでも、

きもちいいのがさいあいあい~♪

と唄われる、衝撃の1枚、

ローザルクセンブルグの

このセカンドアルバム。

カッチョイイなぁ!!全曲カッチョイイ!!

そのカッチョイイ中でも、特別なのが「橋の下」。

用事も無いのに、何故か橋の下にいつも来ちゃって、

川の音聞きながら、

なんとなくその橋の下のおじさんと仲良くなってる、というこの唄、

初めて聞いたときは、落涙に次ぐ落涙。

京都の鴨川のほとりで、どんとが亡くなったときに

ひとりでぼんやり聞いたり

溜息が出るようなときに、ジ~っと聞いたり、

ローザの中で、一番好きな楽曲。

今でも夜道のiPodでは、泣けてきます。

抱きしめたくなるくらい、大好きなアルバム!!


« 晴耕雨読。 | トップページ | メシ喰うな、コレクターズがポップジャムに! »

名盤アワー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晴耕雨読。 | トップページ | メシ喰うな、コレクターズがポップジャムに! »