« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月 7日 (土)

月の夜に願いました。

広島は今日からおまつり。

昔は、この日から浴衣を着るようになったそうです。

小さい子が浴衣や甚平さん姿で歩く姿は、

なんともカワイらしいものです。

本日の月は薄い月。

遠い空でも、同じ月が観れているはずです。

お花を買って帰りました。

| コメント (0)

2008年6月14日 (土)

福岡へ。

石鹸を持って、望雲に。

前日はカフェアズーに。

充実した休日。

まだ石鹸は事足りているかしら。

そもそも、まだ使ってもないかしら。

広島での生活が再び始まります。

| コメント (0)

2008年6月15日 (日)

タモリ編集長。

ホントにタモさんが編集長なのかなあ。

いつも若干のギモンが残る、ハーモニー。

タモさん、明日のハーモニーを考えながら、

眠りにつく準備に入ろうと思います。

| コメント (0)

2008年6月21日 (土)

応答願ウ ズット 応答願ウ

雨の続く日々です。

クリアな空が見えないと、

マチャアキよろしく、月に話しかけることもままなりませんな。

同じ月が見れてるか、想像すらできません。

マチャアキのドラマ、大好きです!

終わっちゃいました…。

| コメント (0)

2008年6月23日 (月)

『orbital period』

Orbital_period 昨年12月にリリースされた、

バンプオブチキンのアルバム、

『orbital period』。

何度も何度も聴いても、新しい言葉と感覚の発見。

バンプオブチキンは以前から大好きなバンドのひとつ。

しかし、このアルバムリリース情報を聞いたときのワクワク感は、

自分でも驚くほどだったことを覚えています。

そして、リリース。

絶句。

この言葉が一番しっくりします。

このアルバムに、言葉では太刀打ちできません。

ライブであんなに倒れそうなくらいに涙が出たこともありません。

もしかして、こんな感覚になる事を、自分がどこかで予測していたのか?

もしくは、是が非でも聴かねばならないことを自分の何かが感じていたのか?

リリース前のあの不思議な感覚は、きっとこれだったのかもしれません。

私がこのアルバムを聴いて感じたこと。

同じことを感じていてくれたらどれだけ幸せだろうか。

ありえなくても、可能性がゼロでは無いならば。

そんな彼等がライブ登場時の音楽は、

theWHO「A Quick One While He's Away」。

グレイト!!

イエス!THE WHOが単独初来日です!!!

| コメント (0)

2008年6月29日 (日)

今週、あなたの人生哲学が変わります。

占いなんて、怠け者の運命。

そんなスマップの歌にも共感できなくもないくらい、

私と占いには縁が無い。

しかし、友人に教えてもらった、とある占い。

何故か、これだけは毎週チェックするように。

それによりますと、

「今週アナタの人生哲学が変わります。」

「なんでも出来そうな気がします。」

ムムム、

信じるか信じないかは、あなた次第、コレ即ち私次第。

セキルバーグよ、チコルバーグ伝説を築けるやもしれませぬ!?

| コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »