2007年2月18日 (日)

「ありがとう、いいお肉です」

深夜の番組でお肉料理を食べたときの

この一言で私をノックアウトさせた、現プラン9・なだぎ武氏。

なんでも、本日放送のR1グランプリで

優勝したのだとか!!

ムムムムム、観てなかった…。

彼のナンセンスぶりは文句なし!!

いくら友近嬢だって、あたい許さないからね!!なんて

思っておりましたが、

このごろ見かける例のナンセンス爆裂外人カップルコントで

完全敗北。

しょうがない、友近にくれてやるか!!?

実は彼は元「スミス夫人」(このネーミングがまたステキ)、

ドラえもんの絵が妙にうまいことも承知しております。エヘ。

| コメント (0)

2006年12月11日 (月)

クリスマスはもちろん!

M1をオンタイムで楽しもう、と

友人とも先日話をしたばかりですが、

決勝戦には、笑い飯、フットボールアワーに加えて、

プラン9が登場とのこと!

楽しみです。

| コメント (4)

2006年10月 2日 (月)

深いねぇ。

唐人町にある妙法寺にて、古今亭志ん五独演会。

落語って、ほんとおもしろいなぁ。

志ん五さんの佇まいがまた素敵。

面白かったなぁ。

誰かも言ってましたが、独りで話だけで何人も演じ、

しかも巧妙に演じるわけではなく、あくまでも話だけで演じ、

想像力で聴く。

今回もタイムスリップしてきました。

噺家さんの土地柄とかもあるのかしら??

東京でもみてみたいなぁ。

初めて望雲で聴いた落語が、古今亭菊之丞さん。

今回、噺家生活40周年の古今亭新ん五さん。

古今亭って、何なんでしょう??

ムムム、

まだまだ深いことはわかりませんが、とにかく面白い。

今回の独演会も、前回浴衣で浮かれて出掛けた

粗忽家一門、内浜落語会の主催だったのですが、

いろいろとこれからも落語の企画がある様子。

今度はいつ行こうかしらねぇ。

| コメント (2)

2006年9月19日 (火)

なぬ??

ラーメンズのCDが売れているとの事。

詳細は不明なのですが、

日本語学校のアレが、CDになっているらしい。

音だけで聴くラーメンズ…。

未知の世界だなぁ。

また、友人情報によると、海外でラーメンズ出演の短編映画が

話題になっているとの事。

ただ、その友人は、ラーメンズ・片桐氏しか判明できないので、

ラーメンズ名義かどうかは不明だ、と。

ムムムムム、気になる。

更には、これだけ記すとラーメンも食べたくなるわけです。

| コメント (4)

2006年9月 3日 (日)

行きたいねぇ、江戸時代。

昨日、馳走屋いしまつ寄席に。

警固にある料理屋であった落語の寄席に、

浮かれて浴衣でいそいそと行ってきました。

昨今、若い子にも落語ブームだというし、

望雲寄席も若い子ばかりだったし、と軽く、

しかし若干緊張しながらいきますと、そこは完全に本物。

完全に気後れ。

緊張のまま、地元の噺家さんである粗忽家勘朝さんの落語を堪能。

とてもおおらかなお顔で、安心。

あのお顔の筋肉のやわらかさ、おだやかな表情は見習いたいものです。

もう一方、一門から若手の噺家さんも聴けて、

非常に楽しかったです。

そりゃもう、若くてキレイどころが浴衣で現れたわけですから(?)、

おじさま方に、モテましたとも。浴衣着てなかったら、相手にされなかったのかなぁ。

しかし、浴衣で落語に来てくれるのがうれしいねぇ、とお顔をほころばせていた、

勘朝さんたちの言葉は、ありがたく受け止めましょう。

Sensu こちら、ここ数年

夏にはかかせない愛用の扇子。

数年前に、友人たちから頂いたもの。

奇しくも、先日浴衣でランチに行った友人、

そして、昨日一緒に浴衣で落語に行った友人から

頂いたものです。覚えとるかね??

| コメント (5)

2006年9月 1日 (金)

3人組に弱いのか。

このごろ、夏休み期間だったせいか、

午前中に『エンタの神様』の再放送があっており、

何となく早めの昼食を食べながら

笑うことも無いまま、よくボサッと観ていたのですが、

(つまらないほど、ついつい観てしまう悪い癖。)

いくつかのお気に入り以外で

何度か観て、ハズレなしにおもしろかったのが、

3人組の「東京03」。

ちょっと三宅裕二氏のSETの香りがするためか(?)、

すぐに心を許すわけにはいかなかったのですが、

ハズレなしに面白い!!

(SETも伊東四郎氏との組み合わせは、最高に面白かった記憶あり。)

そんなムダな時間を過ごしつつ、もう9月となりました。

| コメント (4)

2006年6月13日 (火)

落涙にむせぶ。

Rakugo 昨日、ギャラリー望雲にて、

古今亭菊之丞 落語独演会鑑賞。

落語、一度ぜひ生で

聴いてみたいなぁ、と思っていた

のですが、昨日実現!

絵はんこ教室や、映画上映など、いつも面白いことを

仕掛けてくれる、望雲にて。

まだ、古今亭菊之丞さんは、30代前半の若い噺家さんながら、

奇をてらわない、粋な方。

失礼ながら、全く存じ上げない方だったのですが、

あぁ観に行ってよかった、と心から思える古典落語を。

聴きながら、情景を想うだけでもタイムスリップ可能。

「落涙にむせぶ」なんて、ステキな日本語だなぁ。

タイムマシンがあったなら、ぜひ行きたいのが

60年代のロンドンでザ・フー体験と、

大正時代で文豪の愛人(正妻は苦労しそう。)である私ですが、

昨今、ググッと江戸時代もランクアップ。

昨日で更に、上昇しました。

また、行こう!

| コメント (6)

2006年5月 4日 (木)

『マンドラゴラの降る沼』

昨日、北九州芸術劇場にて

シティボーイズミックスプレゼンツ『マンドラゴラの降る沼』鑑賞。

毎年福岡でシティボーイズが観れるのだなぁ、という幸せを

改めてかみしめつつ、鑑賞。

オモシロかったなぁ、大満足!

今回、中村有志氏に加え、いとうせいこう氏も参加!

せいこうさんのいるシティボーイズの舞台。

しかも、生。

さらに音楽はスチャダラ・シンコ。 ベリグッ!!

嗚呼、幸せ!!!

最後はもう、ジ~ンと。

もちろん、『笑いの陰に涙アリ』(←何度も書いている

気がしますが、私はこのようなものには、まるで興味無し。)

では無く、ある意味全肯定。

そこから、各自様々に判断させる(?)ような突き放し方。

もしかしたら、私はシティボーイズの意図を判ってるかも!!

なんて、勘違いでも思ってしまうような幸せな瞬間。

しかも、大笑いしながら!!

東京ではテント公演だったとのこと。

これも、観てみたかったなぁ。

でも、ノォプログレム!

大満足でしたから!!!

| コメント (0)

2006年3月 1日 (水)

知ってておくれ、お願いプリーズ!

次課長CD出したら、買っちゃうかもな~、

なんて芸人歌合戦を名残惜しみつつ、

夜中にチャンネルをカチャカチャしていたら、

何かの番組でバナナマンのヒムラ氏の私服を見て、

センスが無いのなんのとやっている場面に遭遇。

そこでヒムラ氏『オレはモッズを意識してんだよっ!』

そこにおぎやはぎ・矢作氏

『モッズは、まず痩せてることが基本なんだよっ!!』

その瞬間BGMは「マイジェネレーション」。

WOW!グッジョブ、矢作アンドヒムラ!!

バナナマンにおぎやはぎ!

ここ日本が誇るモッズバンド、ザ・コレクターズを知ってるかい??

知ってておくれよ!!

テレビついでに、もひとつ。

南海キャンディーズの男子が、あのステージ衣装では無く、

私服でたまにテレビに出ているのを最近見かけるのですが、

そのお洋服の組み合わせが、

ザ・コレクターズのリーダー加藤ひさしに非常に近い!

決して似てはいないが、(あくまで)組み合わせが非常に近いのです!

惜しい、いろんなとこが!!と思うのですが…。

南海キャンディーズよ、

ザ・コレクターズを知ってるかい??

| コメント (4)

2006年2月 9日 (木)

笑って笑って大笑い。

有名人が好きなお笑い10組を選ぶ、という

TV番組が、昨日最終回でした。

ホントに選んでいたかは別として、

何かこう、たまらなく私も選びたくなりました…!!

まずは、シティボーイズ・ラーメンズ。

そして次長課長・バナナマン。

順不同でロバート・おぎやはぎ・フットボールアワー・

海原やすよともこ・ポイズンガールバンド・バッファロー吾郎。

願わくば、シティボーイズとラーメンズは個々で1部・2部的に、

そしてそれぞれのネタが観れる、なんてイベントがあれば、

もう飛んでいきます!!

シティボーイズの『マルクス兄弟完全コピー』、

なんてのも観て見たいなぁ。

ロバートがチョイ役で出ても、面白いかな??

ダンカン監督作品の次長課長主演映画、なんてのも面白そう。

大阪の笑いは、ベタベタを好み、

変化球は望まない私ですが、

(バッファロー吾郎は特殊。)

次長課長はホ~ントに面白い!!

と…、何かとやらねばならないことが増えるほど、

余計なことを考えてしまう、悪い癖…。

でもこれ、絶対行くな。

| コメント (4)